今アメリカで起こっていること。その18

まだ未確認の情報ですがすでに大統領令・反乱法が発令されたようです。

以前から軍が水面下で動いていて各国の警察などと協力して今回の大統領選挙に介入していたり、アメリカに反逆的な行為を行っていた人物の逮捕を始める、という話は出ていました。

確かに今週に入ってから「誰かが逮捕された」などの情報は出ていたのですが、どのユーチューバーの間にも確定するような内容に至っていなくて半信半疑だった部分があります。

もしこの話が本当であればアメリカは戦時体制に入り大統領はトランプのまま状況が落ち着くまで継続することになります。

1月20日の就任式はありません。

そして事態が収まった頃に再度大統領選があるような話になっています。

この話が本当かどうかはここ2~3日ではっきりすると思います。

はっきりしたら更新しますね。

とりあえず本当の話なのか作り話なのかじたばたせずに情報を待ちたいと思います。

本当だったらうれしいけど・・・(^^)

Similar Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今アメリカで起こっていること。その18
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

今アメリカで起こっていること。その17

相変わらず大手メディアの反トランプ報道、ツイッターやフェイスブックの言論弾圧。

さすがに現役の大統領のアカウントの削除などで海外の大統領などのトップからも批判され、加担してるとされるグーグルやツイッターなど大手4社の株が駄々下がり状態。

この数日、その評価額大手数社だけでマイナス3兆とも4兆とも言われています。

しかも民主党が過半数を占めるアメリカ下院で大統領の弾劾が決議され、大統領の罷免の向けての第一段階は越えて上院での裁判に持ち込まれました。

下院では共和党側議員にも10名ほど離反者が出ていましたが、上院では三分の二の賛成が必要なため現在50対50の議席数では共和党議員17名以上の離反がなければ決議されないのでよほどのことがない限りは大丈夫だとされています。

こんな中就任式まであと5日ほど、トランプ支持者の中でも若干あきらめムードが漂っています。

河原は無駄なあがきと思われるのかもしれませんがまだ諦めてはいません。

やっぱりどのように見ても今回の選挙はおかしすぎる。

どこをどう見たら不正はなく正常な選挙と見れるのか、裁判や州の判断のどこをどう判断したら正しいと思えるのか全然分からないんですよね。

トランプ側の言論統制が引かれていてなかなか情報は出てこないんですがそれでもトランプ大統領は水面下で動いているようで、今日か来週の火曜日(アメリカの金曜日か月曜日)にトランプ大統領が2016年の選挙でロシアと組んで不正を働いたとされる「ロシアゲート」、結局は証拠が出なかったのでそのまま無罪放免でしたがこの時も下院が弾劾を決議してました。

よっぽどトランプ大統領のいることが邪魔なんでしょうね。

この「ロシアゲート」をでっち上げたとされる「オバマゲート」。

この先30年情報開示をしない予定の「オバマゲート」の情報が開示されます。

どんな不正が暴かれるのか楽しみではあります。

他にも中国への貿易の締め付けや情報漏洩に繋がるビザに関してなど、国防・財務その他の省多岐にわたって対中国戦略の大統領令を出しています。

ただこの動きはどちらにも取れて次のトランプ政権へのスムーズな移行のために行っているのか、次期バイデン政権にクサビを撃ち込むために行っているのかどちらにも取れるんですよね。

この大統領令は次期大統領が取り消すことは可能ですが、対中国政策などは議会なども賛成していることなのでそう簡単には取り消すことはできない。

表向きは日本のように中国に対して「遺憾砲」」を出しても後ろで中国と繋がっているバイデンは、中国に何とか沿って行きたいと思っても動きずらい状況になる、とんだ置き土産なんです。

何で実際のところどのようになっていくのか、「負ける要素」はないはずなんですがどのように就任できるのかが見えない。

あるとしたらバイデン候補の息子がウクライナ問題で不正を働いたため逮捕されること(連座制で大統領になれない)だったり、、いくつか未確認の情報はあるのですが動きが全く見えないんですよね~

特別な状況では1月20日の就任式を延期させることもできるようなので、この後も何らかの動きはあるとみているのでもう少し期待して様子を見ていようと思います。

Similar Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今アメリカで起こっていること。その17
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

今アメリカで起こっていること。その16

今アメリカの動きがとっても静か。

理由の一つにSNSの言論統制。

トランプ大統領やそのブレーン、強力な協力者のアカウントが削除・停止になっている。

それに伴ってユーチューブなどでも検閲がかなり厳しくなっていて、直接的な言葉を使わずに言葉を変えて話をしている。

例えばトランプは「とらンプ」で「虎んぷ」→「とらさん」

ジョー・バイデンは「ばいデン」で「梅デン」→「うめさん」

などなど他にも隠語を使ってユーチューブ動画を作ってる。

でも一番はトランプ大統領側のアカウントを次々に閉鎖をして自社の他の会社のSNSでアカウントを作って発信をしたら、そこの会社に圧力をかけて閉鎖などをしてる。

だから情報などを発信したくてもできない状態。

ニュースソースがない、検閲が厳しく動画の削除で動画を上げにくくなっている。

そんな中ですでに戒厳令は発動されているとかまだだとか・・・

ただいずれにしても軍隊はトランプ大統領側らしくすでに世界中に散って動きを見せているようです。、

11月の選挙後から少数では動いていた事実はありましたが、ここに来て部隊を動かしています。

何のためなのかはわかりませんが、各地で軍隊が移動している様子が映されています。

この先発令とともに政府関係、議会関係、州や都市の警察を含めた上層部やメディア関係、反社会的組織、芸能人、セレブなど逮捕者は多岐にわたるとされています。

そのため逮捕・拘束者はかなりの数となりアメリカの軍事基地のグアンタナモ湾収容キャンプをすでに拡張していて、それでも収容ができない人数になるとみて2隻の大型の船を収容施設として改修したようです。

今回の逮捕・拘留者は数万人とも言われていて今後90日間ほどかけて取り調べなどをおこなうらしいとなっています。

これらの情報がすべて正しければトランプ大統領は、大統領に就任してから「ロシア疑惑」などで何度も窮地に立たされながらも戦いつつ準備をしていたように思います。

多分、大統領になると決めたのは腐敗や中国の脅威に立ち向かうためだとしか思えない。

親友であるとされる「JFK・Jr」の父親の暗殺の内幕を調べたいこともあったのかもしれませんね。

まだトランプが次期大統領となったわけではありませんが、河原の気持ちの中ではもうトランプが次期大統領として継続されると思っています。

でもまだ何が起こるかわかりませんので安心せずに情報を待ちたいと思います。

Similar Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今アメリカで起こっていること。その16
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

今アメリカで起こっていること。その15

残すところ10日ほどになった次期大統領就任式。

この一両日中に大きな動きがありそうです。

すでに残すところあと10日しか残っていない任期なのに、トランプ大統領を今すぐにやめさせようとかトランプ側の人たちのツイッターやフェイスブック、ユーチューブのアカウント凍結など何をそんなに恐れてるんだと思うような反トランプ側の動き。

ここに来てもしかして追い詰められているのは自分たち???

状況的にはトランプ大統領側の策略で泳がされていたような感じです。

そして一番恐れている「国家反乱法」など大統領令がいよいよ出されそうだということでのあがきなのか。

すでにバイデン次期大統領は司法取引をしていてそのまま知らない素振りで動いて「沼の中の鰐」を浮かび上がらせる仕事をしているという話もあり、そして副大統領候補がもう駄目だと悟ったのか逃走を図って捕まったとか。

そして死んだと言われていた、「JFK jr」(暗殺されたあの大統領の子供)が生きていて、これからいろんなことが明るみに出てくる。

先日書いた「バチカン」についてはまだ何も出て来てはいませんが、イタリアの大手防衛産業の会社なのか個人なのかそこの衛星を使ってドイツなどに票の情報操作をしていたことが明るみに出た。

やった本人が宣誓供述書を提出したのでこれは確定。

外国からの選挙操作が確定。

これで大統領令の要件が出そろった。

あとはいつ出されるか、何の法令で出されるかだけだと思う。

この期に及んでもまだ日本のただの使いっぱしりのなんちゃってジャーナリストたちの報道は「往生際の悪いトランプ」などコケおろしている。

もちろん最後まで何があるかわからないから安心はしていないけど、トランプ大統領支持者が待ちに待った瞬間が刻々と迫っているような気がするし、そのように期待したい。

本当に日本の大手メディアの情報ではなくユーチューブなどで少し状況を見てみてください。

この数日が山場になりそうです。

Similar Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今アメリカで起こっていること。その15
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

今アメリカで起こっていること。その14

ちなみにトランプ大統領のフェイスブック、ツイッター、ユーチューブはアカウントはほぼ凍結、ユーチューブかツイッターが永久にアカウント削除になったようです。

なんか新しいプラットホームで動画などをアップしている。

でもねー仮にもまだアメリカの大統領だよ、ここまで言論統制するか~

モー再選されないように必死だな。

もし再選されたら、代表は最悪国家転覆罪で死刑、会社はつぶされるかよくて切り売りだな。

さっき情報が出たようですが、国家情報長官が期限に間に合わず遅れて出すと言っていた今回の大統領選挙の不正操作のレポートがでたらしい。

まだはっきりしたことは分からないけど、中国共産党は小さな存在でその後ろっていうか悪の采配に(これはまだはっきりわかっていません誤情報かもしれません)バチカンが絡んでいるような話になっています。

そこにはイギリスのMI6(アメリカのCIAのような情報機関)も絡んでいるらしい。

どんどん話が大きくなってきている。

何が本当で何が嘘なのか良く見極めなければ大変なことになりそう。

もしもしもですよ、バチカンって河原の素人な考えではキリスト教の総本山みたいなもんじゃないですか、そこが絡んでいたとすると国とキリストは一緒ではないですけど手は出しにくいのかも。

アメリカはキリスト教の国。

ドル紙幣に「IN GOD WE TRUST」(我々は 神を信じる)って書いてあるくらいですから。

例えばにもできないかもだけど日本だと仏教徒が各宗派の総本山例えば清水寺とか本願寺が陰謀を企てていた、とするようなもんかな???あくまでもたとえ話です。

ちょっと話が大きくなってるけど以前に国家情報長官が「みんなが知ると大変なことになる」的な話をしていて、これが情報開示を遅らせた一つの理由かもしれない。

でも話を繋げていくと以前からバチカンには小児性愛者が多くいるとか虐待している、中には悪魔崇拝者が居るなどとものによっては既に内容は暴露されていて、今回の沼の住人達もそのような嫌疑がかけられていてたまたまかもしれないけど同じ住人に見えなくもない。

トランプ大統領はもう少し早くに戒厳令を出したかったという話もあるのですが、事前にその情報をもらっていてあまりにも重い情報なので再度情報の精査を命じそれを待っていたのかもしれない。

いずれにしても次期政権まであと10日ほど、ここからことはさらに大きく動くのかもしれない。

当然河原はまだトランプ大統領を応援していきます。一瞬心が折れかかったけど・・・(^^;

Similar Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今アメリカで起こっていること。その14
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]