メールについて その2

基本的にネット環境の問題が事前にわかることはほとんどありません。

大きなシステム変更であれば事前の説明はありますが、日本であればあまり起こらないようなことでシステムダウンが多くあります。

発電所の機械が壊れて停電、送電線が切れた、送電線の機械が壊れた。

電気を送電した時に一気に電気を送ったことによる、精密機器のオーバーヒート、それによるパソコンのシステムの異常などなど。

そして住んでるところの地域の停電。

中継基地のある所の停電。

おおもとの停電などなど。

そしてその時のためのバックアップの不足。

電話やネットなどは今やなくてはならないインフラですが、これでさえバックアップは不完全です。

住んでるところはソーラーシステムがあるはずなのに、なぜか台風後これが機能したことは一度もなく・・・

日本では考えられないことがここでは日常茶飯事なんです。

3年前の台風の後発電機を入れたりはしていますが・・・

映画で大規模停電のパニックものがありますが、大小の違いはありますがあれは普通にあると思ってもらえると・・・

もちろんその会社やサイパン政府もできる範囲ではやってるとは思いますが、追い付いていないのは現実です。

ちなみに病院も10日間くらいは機能はマヒ状態でした。

ですから事前に通信遮断などこれが分かることはなく、今回も違うお客さんからの問い合わせで分かったんです。

決して言い訳ではありません。

もちろん個人的な問題で返信をしていない場合、特に河原の場合は後回しでそれで忘れるということは何度かありましたが(^-^;、それは可能な限りなくさなければならないと思っています。

ですが、2~3日たっても返信がない場合は、再度メールを送ってもらえればありがたいです。

もしそれが原因で旅行が違う場所に変更になったとしたらさみしいのですが、個人の問題でない場合はそれもサイパンなんですよね。

すみません。言い訳がましいとは思いますが事情を察していただけるとありがたいです。

 

Similar Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - メールについて その2
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。