今アメリカで起こっていること。その15

残すところ10日ほどになった次期大統領就任式。

この一両日中に大きな動きがありそうです。

すでに残すところあと10日しか残っていない任期なのに、トランプ大統領を今すぐにやめさせようとかトランプ側の人たちのツイッターやフェイスブック、ユーチューブのアカウント凍結など何をそんなに恐れてるんだと思うような反トランプ側の動き。

ここに来てもしかして追い詰められているのは自分たち???

状況的にはトランプ大統領側の策略で泳がされていたような感じです。

そして一番恐れている「国家反乱法」など大統領令がいよいよ出されそうだということでのあがきなのか。

すでにバイデン次期大統領は司法取引をしていてそのまま知らない素振りで動いて「沼の中の鰐」を浮かび上がらせる仕事をしているという話もあり、そして副大統領候補がもう駄目だと悟ったのか逃走を図って捕まったとか。

そして死んだと言われていた、「JFK jr」(暗殺されたあの大統領の子供)が生きていて、これからいろんなことが明るみに出てくる。

先日書いた「バチカン」についてはまだ何も出て来てはいませんが、イタリアの大手防衛産業の会社なのか個人なのかそこの衛星を使ってドイツなどに票の情報操作をしていたことが明るみに出た。

やった本人が宣誓供述書を提出したのでこれは確定。

外国からの選挙操作が確定。

これで大統領令の要件が出そろった。

あとはいつ出されるか、何の法令で出されるかだけだと思う。

この期に及んでもまだ日本のただの使いっぱしりのなんちゃってジャーナリストたちの報道は「往生際の悪いトランプ」などコケおろしている。

もちろん最後まで何があるかわからないから安心はしていないけど、トランプ大統領支持者が待ちに待った瞬間が刻々と迫っているような気がするし、そのように期待したい。

本当に日本の大手メディアの情報ではなくユーチューブなどで少し状況を見てみてください。

この数日が山場になりそうです。

Similar Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今アメリカで起こっていること。その15
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。