今アメリカで起こっていること。その12

今回2020年アメリカ大統領選挙の最大の山場であった次期大統領を確定させる1月6日の上下両院の合同会議。

ここまで悪の支配が進んでいるのか、という状況が出まくった合同会議でした。

トランプ大統領の呼びかけに集まった多くのトランプ支持者。

カメラのレンズでは捉えきれないほどの支持者の数。

その数100万人とも言われています。

数日前からワシントンDCに向かう車が列をなしてました。

片や歴史上最大の票(8000万だったかな???)を獲得して当選したとされたバイデン候補、選挙などの応援に行くと聴衆者は20人とか30人くらい。

どうやれば歴史的な票数で勝った大統領候補の演説を聞きに来る人がたった20人とかなんだろう。

大手メディアが報じない、報じても過小に報じる、そして嘘の報道。

嘘でなければ何も事実を確認しないでアメリカの大手メディアの報道を垂れ流し。

日本の各放送媒体にはアメリカ支局みたいなのがあるはずなんですけど。

そんな中始まった合同議会。

味方と思われていた副大統領も完全な反トランプではないかもしれませんが、間違いなく味方ではなかった。

不正が濃く疑われる州の選挙人の選挙結果を受け取らない権限があるのにそれを行使せず選挙人をそのまま確定させていく。

この時点で副大統領は間違いなく味方ではなくなった。

次期共和党側の大統領候補と言われ、トランプ大統領と2016年の共和党の候補者選びで競った上院議員がこの選挙に異議を申し立てたときに前代未聞のトラブルが発生。

トランプ支持者達が国会に乱入して暴動を引き起こした。

うち数名が撃たれ4名が死亡。

となっていますが1人という話もあるし、その1人も生きているらしいという話もあって混乱している。

日本では「トランプ支持者が暴動を引き起こして民主主義を崩壊させようとしている」と、報じられている。

ところがこれは反トランプの団体がトランプ支持者を装って仕組んだこと。

もちろん全員ではなくそれに連れられて入り込んだトランプ支持者もいたようです。

そして問題は警備の厳しいと思われる国会になぜ入り込むことができたのか?

事前に決められていたゲートに反トランプの団体が集まっていてそこのゲートがそこの警備員に開けられて、しかも国会内に誘導していた。

その場面がすでに動画でユーチューブで拡散している。

でも分からないのはその乱入の場面は国会側からゲートを映している。

国会の職員や警備の人が映したとしか思えない。

国会内に反トランプの団体と繋がっている警備員が乱入を手伝っている場面だから、中立的な立場の人が「その瞬間!」として映しただけなんだろうか。

普通はそんなことが起こった日は再度警備計画なども練りなおすなどで会議の延期だと思うんですが、その数時間後にはもう暴動は起こらないかのように再開した。

民衆はその後トランプ大統領の「あなた方の気持ちは分かっているが、今日は静かに解散しましょう」(かなり大雑把な内容に縮めています)で静かに解散しています。

選挙結果が納得できないから騒いだ、とかなら分かりますがまだ始まったばかりで騒ぐかな?そしてもしトランプ支持者たちが過激な団体なら静かに解散するかな?

意図的に仕組まれたとしか思えない。

Similar Posts:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今アメリカで起こっていること。その12
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。