パニックダイバーのその後!

うちのブログの訪問者数は金土が平均して低い傾向があります。
これって金土は夜どこかに遊びに行くんで見れない!っていうことなんでしょうかね~
いいな~(^。^)
今日のサイパンは曇り。
ダイビングは直前の申し込みでリピーターのふくちゃん。
この名前を聞くと「えっ!」って驚く人が何人かいるような気が・・・(^_^)
去年の5月に某リゾートでCカードを取った後、沖縄で潜って9月に初サイパン。
もちろんエーストマトは始めて。
このときなんです事件が起こったのは。(-_-)
何本目かは忘れましたが多少荒れてはいましたが入れないほどのオブジャンではなく、本人もいたって普通。
でもエントリーをして流されながら水面で集合にしたときに本人が死にそうな顔で叫んでる。
要はパニック!
なんでそうなったのかも分からない。
上がって聞いても「何が原因でそうなったのかも分からない。急に」
水面をタダ流されている状態なのに。
どこかでスイッチが入るところがあったんでしょうね。
この日は水面でも沖に流されるような状態。
BCにエアーを入れようとしても入らない。
見るとよっぽど強い力で引っ張ったのかパワーインフレーターのホースが根元から千切れている。
これは入るけどそのまま抜けていってる。
ウエイトを外して浮力を確保しようが何しようが叫びっぱなし。
本人は否定してるけど確かに女の名前を叫んでいた。(^_^)
なんで女の名前なんだ?
右の根の先端を越えた辺りでようやく多少の落ち着きを取り戻してはきましたがまだ目は血走っている。
ず~っと流れに逆らって泳いでいたためこの段階で手伝ってもらったお客さんも河原も疲労困ぱい。
水面を引っ張って戻るのは今の時点では無理と判断。
悩んだ末、だましだまし潜らせることに。
簡単に書いてるけどそんなに簡単ではなかったけど・・・
「潜るぞ~」「嫌だ~」「潜るぞ~」「嫌だ~」
何事もなく無事には戻ってはきましたが、河原の今までで一番のパニックダイバーで、今でもよ~く覚えています。
このふくちゃん、そのあと今年の2月に「きちんと潜れるようになりたい!」って来たんです。
いや~初日は疲れたこと疲れたこと。
仕事とはいえ久々に緊張しまくっていました。
河原が(^^ゞ
でもそれで落ち着いてきたのか「ダイビングが楽しくなってきました。(^。^)」
そのあとリゾートに2回潜りに行って、本当は再来週10月の頭に来るという事で予約は入っていたんですが、今回旅行会社の「ミステリーツアー」がたまたまサイパンになって直前の申し込みのようです。
なんとサーチャージも含めて24000円くらいなんですって。
安いよね~
「どーしたのずいぶん旅行に行くね~」
「ダイビングにハマっちゃいました~(*^。^*)」
そして今回は1日だけのダイビングですが、「中性浮力をちゃんとしたい!」
いや~初めてのときは大変だったんですが、こーやってダイビングを楽しむようになって、しかもスキルを上げていくことを考えるようになるなんて、前は考えられなかったな~
今じゃ普通のことじゃ~あんまり動じないし・・・
もちろん手放し状態にするにはまだ河原の気持ちが無理ですが、でも今は普通に。
ん~ん、お父さんとしてはうれしい!(^。^)
おとなになったね~
今度のときはそのときに一緒だったお客さんとたまたま1日だけ鉢合わせしますが、多分これを見てると思うので言いますが、「もー多分大丈夫!」
多分・・・(^^ゞ
この内容もふくちゃんには書くことは伝えています。
「やだよ~はずかしい!」とは言ってましたが・・・(^_^)v
ちなみにこれはパニックになったことを伝えたかったのではなく、本人の成長が河原にはうれしかったので書かせていただきました。m(__)m
でも、もー2度と助けには行かないぞ~
一人で帰って来い!・・・・・

Similar Posts: